© 2019 by SciPy.

お問い合わせ( Eメール):

scipy@enthought.com

行動規範

SciPyは、Python開発者コミュニティにおけるネットワーキングとコラボレーションを目的としたコミュニティカンファレンスです。 私たちはこのコミュニティの各メンバーの参加を大切にし、すべての参加者に楽しく充実した経験をしてもらいたいと考えております。

従って、SciPyが正式に後援しているかどうかに関わらず、参加者はチュートリアル、会議、スプリント、そしてすべての会議イベントを通じて他の参加者には礼儀正しく、敬意を表すことが期待されます。

さらに、参加者は、TwitterやSlackなどのオンラインスペースでもこの行動規範を遵守することが期待されます。 何が期待されているのかを明確にするために、SciPyのイベントに参加するすべての出席者、参加者、講演者、出展者、およびボランティアは、以下の行動規範を順守する必要があります。 主催者はイベントを通してこの規範を執行します。

声を上げて


あなたが嫌がらせを受けている場合、他の誰かが嫌がらせを受けているか、その他の懸念がある場合は、会議スタッフに連絡するか、SciPy Japanの登録デスクに報告してください。 また、scipy@enthought.comに電子メールを送るか、+ 1(512)423-2756に電話して会議の議長にメッセージを送ることもできます。

 

会議のスタッフは、ハラスメントを受けている人がいれば、ホテル/会場のセキュリティ部門または地元法執行機関

への連絡や、エスコートの提供などで参加者を手助けし、会議中安心できるように支援します。 私たちはあなたの出席を大切にします。

概要


 

SciPyは、年齢、性別、性的指向、身体障害、身体的外見、体格、人種、または宗教に関わらず、ハラスメントフリーな会議体験を提供することに専念しています。 会議参加者への嫌がらせをいかなる形でも容認しません。 さまざまな背景を持つ人々を含め、すべてのコミュニケーションはプロの聴衆にとって適切なものであるべきです。 性的な言葉やイメージは、会話を含むどのような会議会場にも適していません。 包括的で敬意を表する。 他人に優しくしなさい。 他の参加者を侮辱したり、見下したりしないでください。 プロとして行動する。 嫌がらせや性差別主義的、人種差別的、トランスフォビック、または排除的な冗談はSciPyには適していないことを忘れないでください。

これらの規則に違反している出席者は、会議開催者の単独の裁量で払い戻しなしに会議を終了するよう依頼されることがあります。

 

皆様に心地よく親切なイベントになるためご協力頂きありがとうございます。

詳細


嫌がらせには、性別、性的指向、身体障害、体型、体格、人種、宗教、公共の場での性的画像、意図的な脅迫、ストーキング、フォロー、写真や録音の嫌がらせ、話し合いの中断が含まれます。不適切な身体的接触、および出席者を口説く等も認められません。これは科学的な会議であり、社交場ではないことを忘れないで下さい。 「これは簡単です。誰もが知っています。」「実は、」などのコメントはすべて不適切です。講演者への質問は、「質問」であるべきです。嫌がらせ行為を中止するように求められた参加者は、直ちに遵守することが求められます。博覧会会場、スポンサーまたはベンダーのブース、または同様の活動の出展者も、アンチハラスメントポリシーの対象となります。特に、出展者は、性別化された画像、活動、その他の資料を使用しないでください。ブースのスタッフ(ボランティアを含む)は、性別化された衣服/ユニフォーム/コスチュームを使用したり、そうでなければ性的化された環境を作り出してはいけません。あなたが選ぶ言葉に注意してください。性差別主義者、人種差別主義者、トランスフォビア、およびその他の排他的なジョークは、周囲の人々に不快感を与える可能性があることを忘れないでください。過度の宣誓と不快な冗談はSciPyには適していません。

 

行動規範の違反を経験した、または目撃した場合は、会議の議長、Serge ReyとPrabhu Ramachandran、多様性の議長、Julie HollekとJackie Kazil、またはその他の会議主催者に直接またはSlack経由で連絡することを強くお勧めします。 SciPyのイベント中は誰もが安全に感じることができますように。会議の議長は会議の始めに紹介され、バッジで識別可能になります。参加者がこの行動規範に違反する行為をした場合、会議の開催者は、違反者への警告や返金なしの会議の追放など、適切と思われる行動をとることができます。


この行動規範は、Ada InitiativeおよびCreative Commons Zeroライセンスの下にある他のボランティアによって作成された、Geek Feminisum wikiのポリシー例を元に作られたPyCon行動規範から派生したものです。

カンファレンス行動規範は、Creative Commons Attribution 3.0 Unported Licenseに基づいてライセンスされています。