© 2019 by SciPy.

お問い合わせ( Eメール):

scipy@enthought.com

トーク&ポスター発表

SciPyは、科学、数学、分析、工学のためのオープンソースソフトウェアPythonを通じたScientific Computingの進歩を目標としたコミュニティです。

 

SciPyカンファレンスでは、学術団体、商業団体、政府機関の参加者が最新のプロジェクトを紹介し、熟練したユーザーや開発者から学び、コード開発について共同作業をすることができます。

 

今年は、特別なトラックやテーマはありませんが、機械学習、データサイエンス、計算科学、科学的視覚化、画像処理、再現性など、科学的または分析的なトピックに関する投稿を歓迎します。

講演者は3月18日に通知いたします。

重要なトーク&ポスター発表の日程:


2019年1月7日:

トーク&ポスター発表募集開始

2019年3月1日:

トーク&ポスター発表募集締め切り

2019年3月18日

当選した講演者へ通知

2019年3月27日:

スケジュール発表

2019年4月23日〜24日

SciPy Japan 2019総会当日

プログラムチェア:

プロポーザルの提出

 

 

 


プロポーザルは2019年3月までに提出して下さい。

 

簡潔な要約

参加者が貴方のトピックについてわかるよう簡潔な要約を準備して下さい。こちらはオンラインプログラム上にも表示されます。100字以内であるべきです。

要約

貴方のプログラムへのプレースメントは要約のレビューに基づいています。この要約は貴方のプレゼンテーションのアウトラインでです(約500字程)。この要約では、SciPyコミュニティにとって関心のあるソフトウェア、より効果的なコンピューティングのためのツールやテクニック、あるいはPythonが研究問題を解決するためにどのように適用されたかについて簡潔な説明。伝統的な背景/動機、方法、結果、そして結論の構造は奨励されますが必須ではありません。プロジェクトWebサイトへのリンク、ソースコードリポジトリ、図、論文をお勧めします。

プロポーザルを送信する上でのポイント

SciPy会議は、コミュニティで行われている作業に畏敬の念を抱いています。私たちは多くの興味深いプロポーザルを受けますが、席数は限られております。学会で講演やポスターが採用される可能性を高めるために、下記のポイントをご覧ください。万が一あなたのプロポーザルが採用されなかった場合、lightning talkを実施するのもよし、Birds of the Featherディスカッションのために部屋を予約するのもよし、またはポスターとして作品を展示することについてプログラム委員会に相談してみてください。

・プロポーザルの提出はお早めに。

・要約には、いくつかの基本的な質問に対する答えを必ず含めてください。

  -あなたの講演の対象読者は誰ですか?

  -具体的に参加者はあなたの講演から何を学びますか?

・内容が幅広い人々に関連するものであることを確認してください。あなたの講演が特定のPythonパッケージやソフトウェアの一部に関するものであれば、それはニッチなグループ以上の聴衆に役立つべきです。

・ソースコード、記事、ブログ投稿、またはプレゼンテーションにコンテキストを追加するその他の文章へのリンクを含めると良いでしょう。

・講演、チュートリアル、その他のプレゼンテーションを以前に行ったことがある場合は、その情報とスライドへのリンク、または利用可能な場合はビデオを含めてください。

・SciPyの講演は通常25分、質問は2〜3分です。アウトラインを構成する際には、時間の長さに注意してください。

・貴方の講演は貴方の会社の製品のコマーシャルではあってはなりません。しかし、あなたの会社がどのように問題を解決したのか、あるいは注目に値するオープンソースプロジェクトが参加者にとって有益であれば構いません。

これらのヒントの多くはPyCon Proposal Resourcesからのものです。 PSFにお礼申し上げます!

講演は日本語でも英語でも可能です。もし可能であれば、スライド資料には両言語含めて作成をお願い致します。

プロポーザルのレビューと選考方法


<

SciPyコミュニティが初めての皆さんのために、私たちが講演やポスターを審査する上で使用しているプロセスを分かりやすく説明します。講演とポスターは、公開審査からなる同様のプロセスを経ます(すなわち、提出者とレビューアは公開されます)。


提出物は、ドメイン固有のトピックに関する専門知識を持つ審査員に自動的に割り当てられます。各応募作品は3名の審査員によって審査され、次のカテゴリに分類されます。

 

・このプロポーザルを受け入れることをお勧めしますか(はい/いいえ)?

・プロポーザル評価(スコア1〜5)

・あなたの審査にどの程度自信がありますか? (スコア1〜5)

・この要約は、SciPyコミュニティにとって関心のあるソフトウェア、より効果的なコンピューティングのためのツールやテクニック、あるいはPythonが研究問題を解決するためにどのように適用されたか簡潔に説明されていますか? (スコア1〜5)

提出物とそのレビューは、プログラム委員長に提供されます。議長はすべての提出物に対する抄録、得点およびコメントを検討し、会議共同議長に勧告を行う。プログラム委員会共同議長および会議議長は、受け入れられた協議を最終決定し、SciPyスケジュールを構築する。

 

選ばれた講演やポスターを提出した人は委員会から連絡を受け、SciPy Japan Conferenceに出席を確認するよう求められます。プログラム委員会はまた、最初に決定した講演者が参加できない場合にスケジュールに空きが出ないよう第2候補を特定しておく。

 

プロセスについて質問がある場合、scipy @enthought.com プログラム委員会共同議長宛てに連絡してください。